北海道の賃貸事情とは!?事前に確認しておくべき事項


北海道の賃貸物件の特徴

北海道で賃貸物件を探した場合、敷金や礼金を無料もしくは家賃の1ヶ月分としている物件に遭遇しやすいです。竣工して間もないデザイナーズマンションでも入居時の費用がリーズナブルな事例は少なくありません。また、更新料がかかるところは稀です。自動で契約を更新しているケースが多く、契約更新を気にしている入居者は僅かです。因みに、札幌市は人口195万2000人程度の大規模な都市であり、市外から流入する方々が大勢います。そのため、不動産業が活発な上に、多くの不動産投資家が札幌市内の物件に注目しています。一時期、住宅建設会社が賃貸物件を次から次へと建設していました。その結果、新築物件でも立地条件が劣っている場合には客付けが難航しています。家賃の相場は、1人暮らし向けのコンパクトな住戸が4万3000円程度です。

事前に暖房器具をチェックしておこう

冬季の北海道は、寒さが厳しいため、暖房を使用する機会が著しく増加しやすいです。賃貸マンションに入居する折には、事前に暖房器具について確認しておきましょう。一般的に、ガスもしくは石油の暖房器具が賃貸物件に設置されています。ガス暖房は、点火する時間が非常に短く、暖かい風が即座に排出されます。但し、ランニングコストが高額になりやすいです。一方、石油暖房は、放射熱と輻射熱を併用し、部屋を隅々まで温めてくれます。しかし、石油の価格に応じてランニングコストが変動する上に、定期的に給油しなければなりません。どちらの器具もメリットとデメリットがありますが、防寒対策に有用です。

札幌中央区の賃貸を探しているなら、セキュリティ対策が重要なポイントになります。オートロックや二重ロックなど、防犯対策が整っている物件なら安心して暮らせます。