自然素材なら健康的な住宅が可能!!高気密な省エネ住宅もいい!!


自然素材を多用した家造り

日本の戸建て住宅は多くが木造で、柱はスギなどの自然の木を使うでしょう。昔であれば柱以外の部分も自然から切り出した素材などがメインに使われていましたが、現在は柱以外の部分においてはより高性能な素材を使うようになっています。断熱などをしようとすると化学繊維などが安くて性能も高いので、コストを下げるときにも必要になってくるでしょう。ただ化学繊維は人工的に作ったものだけに自然の味わいにかける部分もあります。実は自然の素材の中にも断熱効果が得られるものがあり、そちらを使えば断熱効果を得ながら自然の味わいを生かした住宅造りが可能です。設計プランにおいて自然素材を多用したいと伝えれば、予算の範囲内で実現した設計をしてもらえます。

電気代が抑えられる省エネ住宅

生活をするのに必要なものとして家電があり、冷蔵庫や洗濯機などを使わないと生活がままならないかもしれません。ただ家電を使うとその分電気が必要になり、環境に良いと言えず生活コストもかかります。家造りにおいては最初に設計プランを伝える必要がありますが、省エネ住宅にしたいと伝えればその希望に応じた設計をしてくれるでしょう。電気代を抑えるためには冷暖房費をいかに抑えるか、昼間に明るい部屋にできるかなどが重要になり、少ない電気で快適に暮らせる高気密設計や風通しのいい設計などが設計案として挙げられます。その他太陽光や太陽熱など自然エネルギーを活用しやすい設計なども提案してもらえるので、希望に近い案を選択しましょう。

3000万の家を建てる場合は土地を持っているかいないかで建てられる家が変わってきます。そのため土地を所有していない場合は土地取得も含めた資金計画を立てる必要があります。