狭くても快適に住めるように工夫しよう!住みやすい狭小住宅を建てるコツ


手軽に住みやすい家を建てたい

マイホームはどうしても価格が高くて、少しでも安くなるようにしたいもので、狭小住宅にすると狭い場所でも生活ができるようになります。このため、交通の便が良く土地の価格が高いエリアでも生活の拠点を作れ、通勤や通学に便利な場所を選ぶようにしたいものです。住みやすい家を建てたい時は家族の人数に合わせて必要な部屋の数を決め、限られた面積をうまく割り当てるようにすると効果があります。しかし、狭い場所に多くの部屋を作ると通路が狭くなることもあり、家族で話し合ってトラブルが起きないようにすることが大切です。

収納スペースをうまく確保しよう

生活をする時は家具や家電製品がなければ不便なため、狭小住宅を考えている場合は収納スペースを確保できるか確かめて間取りを決めたいものです。部屋の広さは確保できたスペースに応じて不自由がないように決め、同居する人数に合わせて快適に住める環境を作れるように工夫する必要があります。また、多くの荷物を置きたいと考えていれば立体的に収納できる家具を購入して整理することや、トランクルームに保管するなど臨機応変に考えると良いでしょう。

かかる費用を少しでも安くなるように考える

マイホームは家族が安心して暮らせる環境にしたいものですが、通勤や通学に便利な場所にすれば土地の価格が高くなります。狭小住宅は限られた面積の中で安心して暮らせる物件で、同居する家族の人数に合わせて間取りを工夫すると便利です。また、かかる費用を少しでも安くなるようにする方法は2階建てにするなど面積を狭くし、コンパクトに長く住めるように考えると良いでしょう。

狭小住宅は、日当たりや間取り、敷地面積などの制限がありますが、周辺の一戸建てよりも数百万円ほど安く購入できるケースが少なくありません。