これは知っておきたい!賃貸物件に必要な設備


賃貸物件を探す際にチェックが必要な防犯設備とは

賃貸物件には、駅からの距離や築年数のほか、間取りや日当たりなど様々な条件がありますね。また、道路や公園に加えてスーパーマーケットやコンビニなど、周辺の環境も重要と言えるでしょう。さらに、賃貸物件に備えられた設備にも注目しなければなりません。賃貸物件の設備には、エアコンや洗浄器付トイレなど様々な種類があります。特に、防犯対策として警備会社の防犯システムを導入する物件が増えていると言えるでしょう。警備会社に委託された建物は、各部屋に動体探知センサーが装着されます。留守の間にこの装置をセットしておけば、侵入者がいた場合にセンサーが察知して警備会社に通報し、社員が駆けつけることになっています。さらに、共有部分やエントランスに防犯カメラを設置し、警備会社が監視と録画を行っている建物も少なくありません。小さな子どもがいる家庭や女性の一人暮らしなどの世帯では、こうした防犯システムが重要です。

普及が進む宅配ボックス

一人暮らしの居住者など、不在が多く宅配便の受け取りが困難な場合は、宅配ボックスの設置が望まれています。宅配ボックスのある賃貸物件の人気は高まっていると言えるでしょう。宛先の住所の居住者が留守でも、宅配便業者がエントランス脇に設置された宅配ボックスに物品を入れてロックした後、任意の解除番号をメモして宛先の居住者の郵便受けに入れておけば良いのです。生ものまで宅配ボックスに入れてしまう宅配便業者がいたり、宅配ボックスに入れたまま受け取りを怠る居住者がいたりする問題もありますが、少なくとも宅配ボックスの利用者を特定しやすい小規模住宅なら、宅配ボックスが大いに役に立つでしょう。

マンション・アパートともに札幌東区の賃貸物件は移動に便利な地下鉄東豊線近くにたくさんあります。また、場所によってはJR札幌駅にも徒歩圏内であるなど、道内の広域移動もしやすいです。