意外と知らない「徒歩1分」の距離?「駅近物件」は駅まで実際に歩いて確かめよう!


「駅近物件」は歩いて確認しましょう!

賃貸物件を借りるときの最優先条件として「駅近」を挙げる人もいるでしょう。賃貸物件サイトを見て、徒歩5分以内と記載がある物件は、かなりの駅近物件と言えます。しかし、数字を鵜呑みにせずに、実際に物件を訪れてみましょう。内見も大切ですが、駅から物件までの距離も大切です。駅から物件まで歩いてみることをおすすめします。すると思わぬ、難関が待ち構えていることに気付くことがあります。いわゆる「開かずの踏切」がある場合は、そこで足止めを食ってしまう可能性があります。また交通量が多い道路が何本か横切っている場合は、信号待ちの時間が余計にかかります。できれば通勤時間に一度訪れて、実際に歩いてみましょう。それでも徒歩5分以内に移動可能だったら、かなりの駅近物件と言えるでしょう。

「徒歩1分」の定義とは?

賃貸物件サイトに表記されている、「徒歩5分」「徒歩10分」という表記には、どのような根拠があるのでしょうか。一般的に「徒歩1分は80m」で計算されるのが普通です。つまり、駅まで徒歩5分の物件は、駅から物件まで5×80で、400mの距離にある物件ということになります。徒歩10分なら800mということになります。考えれば当たり前のことですが、誰が歩いても、徒歩5分、徒歩10分なはずがなく、歩くのが速い人なら徒歩5分の物件まで、徒歩4分で行けるかもしれませんし、歩くのが遅い人なら、徒歩6分かかるかもしれません。基本的に徒歩1分80mは、平均的な男性の歩く速度を基準にしているため、自分が歩いた場合、どの程度かかるのか、想像することができるのではないでしょうか。

千歳の賃貸の家賃相場は、間取りにもよりますがおおまかに4~6万円です。なお、2万円台の格安物件も多数あります。