二世帯住宅を建てたい人必見!どのような点に注意すればよいの?


どちらの親と同居するのかで状況が変わる

二世帯住宅を建てるときは、どちらの親と同居するのかで状況が変わってきます。これは、男性側と女性側どちらにも言えることですよね。ただ、女性は家事をする機会が多いため、居住スペースの使い方で悩む可能性がでてきます。自分の親なら台所などを共有しても、さほど苦にはならないかもしれません。しかし、義理の親と一緒に生活すると、冷蔵庫の開閉一つにも気を使う場合があるのです。

それぞれの世帯のプライバシーも考えよう

親世代と子世代とでは、生活スタイルが異なることが少なくありません。朝はもちろん、夜の過ごし方も個々によっていろいろです。夜遅くに台所やお風呂を使うと、水が流れる音などで迷惑が掛からないか気にしなくてはなりません。そのようななか、お互いが気兼ねなく暮らせるためには、それぞれの世帯のプライバシーに配慮した家造りを考えましょう。二世帯住宅には、1階部分と2階部分ですみ分ける方法、玄関を別々にする方法など、さまざまな方法があります。敷地に余裕があるのなら、中庭を挟む平屋などにするのもよいかもしれません。

もちろん資金面も大きな課題になる

住宅を建てるときは、いろいろな条件をクリアすることが大切です。やはり、資金準備をどうするかが大きな課題ではないでしょうか。そのため、頭金の負担方法やローンの選び方について話し合うのは、いうまでもないでしょう。さらに、新生活を始めてからも、お金にまつわる課題は尽きません。水道光熱費など、月々の固定費が延々と掛かってくるからです。適度な距離感を保って生活するためにも、折に触れて話し合うことも大事かもしれませんね。

二世帯住宅には完全同居型、部分共用型、完全分離型といった3つのパターンがあります。予算やプライバシーの確保の度合いにより選ぶことができます。